この症状は何の始まり?中年医師のウェブ手帳

気になるその症状で何が考えられ、どうしたらいいかの覚え書き。専門は産婦人科・内科・アレルギー科です。

頭痛と吐き気が熱中症なのか別の病気なのかを見分ける方法と対処法

   

頭痛と吐き気は最も頻繁にみられる熱中症の症状です。

しかし同時に、片頭痛や脳の血管の病気(脳血栓や脳塞栓)の際に見られる症状でもあります。

夏の暑い盛りに頭痛と吐き気が突然強くなってきたら

いったいどちらが原因で頭痛と吐き気を感じているのかが気になりますよね。

 

また、子どもの場合は熱中症だと思っていたら手足口病だった、なんてこともあります。

 

ここでは見分け方と対策を説明します。

 

スポンサーリンク

 

頭痛と吐き気が熱中症から来る場合のポイント

夏の炎天下で、あるいは蒸し暑い環境で働いていて、いきなり頭がガンガンと割れるように痛くなってきた場合、熱中症を考えるのがふつうです。

でも、熱中症ではなくて、脳出血などの重篤な脳の血管の病気の場合もあります。

(熱中症も命にかかわりますが)

 

a0002_010023

この二つを見分ける簡単なポイントは

1.水分を摂取する

2.首筋、わきの下や頭を冷やす

3.涼しいところで安静にする

ただちにこの三つをやってみて、改善傾向が認められれば熱中症、改善しないようであれば熱中症以外のトラブルです。

 

熱中症を起こす方は、もともと水分摂取量が少なめで血液が詰まりやすい人が多い傾向にあります。

お年寄りが良く熱中症になるのも、年配の方は水分摂取が不足になりがちだからです。

これは水分を、できれば薄めたイオン飲料などを摂取していただくことで、頭痛や吐き気などの症状が速やかに改善することがあります。

 

首筋やわきの下を冷やすのは、脳に行く血液の温度を下げて脳をクールダウンさせることが目的です。

頭に直接アイスノンをあてるのも効果的ですが、頭痛がひどい場合にはそれが辛いこともありますので、間接的に冷やす方法として有効です。

 

涼しいところで安静にするのは、全身の体温を下げて、脳の温度も下げることが目的です。

熱中症による頭痛と吐き気であれば、これらの対処で改善します。

 

 

頭痛と吐き気が熱中症ではなくてくも膜下出血などの重篤な病気だったら

 

くも膜下出血では激烈な脳の痛みと吐き気が来ます。

「これまでに経験したことのない激しい頭痛」

などといわれますが、出血が激しい場合には数時間で死に至る可能性がありますので、緊急対策が必要です。

 

すごく暑い環境で作業していている人が激烈な頭痛と吐き気に突然襲われた場合、こういう脳の血管のトラブルの可能性を決して見逃さないでください。

 

前の章で書いたような、

水分を摂取する、首筋を冷やす、涼しいところで安静にする

という対処を取ってみて、

5分から10分経っても一向に回復しないということであれば、あるいは、意識を失ってしまったら、

スポンサーリンク

a1180_012547

ただちに救急車を呼んでください。

 

くも膜下出血の原因としては、

1.先天的な脳血管の異常である脳動静脈瘤の破裂

2.動脈硬化による動脈瘤の破裂

この二つが考えられます。

 

特に中年でメタボの方が激しい頭痛を訴えて倒れられた場合には、熱中症ではなくてこちらの可能性を念頭に、観察することを忘れないようにしましょう。

素人はなにもできません。

医者がその場にいても、手ぶらでは何もできません。

ただちに脳外科的な対応のできる救急病院へ搬送することが何よりも重要です。

 

 

子どもで頭痛と吐き気があって熱が上がってきたら夏場の感染症も

 

お年寄りだけでなく、小さな子供も熱い場所に長時間いることに対しては体が強くないので、脱水で簡単に熱中症になります。

暑い夏に外でバーベキューなんかやってて、小さな子供が頭痛と吐き気で具合が悪くなったら、最初の章に書いた通りに、水分を取らせて、わきの下を冷やして、涼しいところで休ませます。

 

そして、できれば体温を測って、体温計がなかったら何人かで手を当てて熱がないかどうかを観察してください。

安静にして、症状は多少は収まっても、熱が上がってきた場合。

実は夏場のウイルス感染症の始まりだったということがしばしばあります。

 

いちばん多いのは手足口病やヘルパンギーナです。

これらは典型的な発疹が手、足、口に出やすいのでわかりやすいです。

ほかにも、夏場であればリンゴ病と呼ばれる、伝染性紅斑というウイルス感染症もあります。

 

以前の記事でも書きましたが、最初は一気に高熱が出るケースが多いものの、子どもによっては頭痛や吐き気が初発症状の場合があります。

その場合は、髄膜炎などの重篤な症状を起こす可能性も高まります。

ですから、熱中症かなと思う頭痛と吐き気があって、熱がぐんぐん上がってきた場合には、もしも小児科受診できるようであれば早めに連れて行ってください。

(頭痛がなくて熱だけがいきなりポンと上がる場合は危険度は下がりますが、あとから頭痛と吐き気が強く出たらこれも急いで連れて行ってみてもらうのが良いです。)

 

これらの病気は多くの場合は大人は免疫を持っているので安全ですが、子ども同志だと簡単に感染が広がることがあります。

一緒にいるほかの子供に移らないように注意してくださいね。

 

 

頭痛と吐き気があって熱中症が疑われるときの対処法のまとめ

 

1.水分を補給させる

2.首の頸動脈(前の両わき)やわきの下を冷やす

3、涼しいところで安静にさせる
これで5分から10分して症状が軽くなってくるようであれば、おそらく熱中症です。

そのまま対処を継続します。

 

もしも軽減しないなら、上に書いた通りに別の病気を考えて、すみやかに医療機関へ連れて行くことを考えてください。

スポンサーリンク

 - 体の痛み ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

a0001_017432
首を寝違えた時に治す方法 速攻技と冷湿布と裏ワザ

  首を寝違えた場合、動かすたびに激痛が走り、悲鳴を上げるのも困りもの …

a0002_010352
風邪をひくと歯が痛い、特に上の奥歯の場合の原因と対処方法

風邪をひいたときに歯が痛くなる人がいます。 風邪症状と同時か、しばらくして主に上 …

DLPFCstressed
腰痛が治らない、MRIでも骨や椎間板に異常はないといわれる場合

腰痛持ちの人、推定2800万人とか言われます。 そのうち90%近くは腰痛がなかな …

a0008_001652
左足のかかとが痛い。高尾山に登ったけどぶつけてないのになぜ?

  夏休みの週末に家族で高尾山に登ってきました。 人ごみのあまりの多さ …

320px-Biceps_femoris_muscle_long_head
腰痛持ちで前屈すると膝のうらが痛い場合、ハムストリングスのストレッチで改善する

慢性の腰痛を持っている人の半数程度が心理的な問題を克服すれば改善するという話を書 …