この症状は何の始まり?中年医師のウェブ手帳

気になるその症状で何が考えられ、どうしたらいいかの覚え書き。専門は産婦人科・内科・アレルギー科です。

鼻の奥が痛いけど鼻水は出ない 風邪と別の病気の見分け方と対処法

   

鼻の奥が痛い、なんだかツーンと乾いた感じがする

そういうときには風邪の引きはじめなのかなと思う人が多いと思います。

しかし、これ、厄介な病気の始まりである場合もあります。

 

鼻の奥が痛い場合に考えるべきいくつかの病気について、

風邪、自己免疫疾患とアレルギー疾患について説明します。

そして、それぞれどうしたらいいかについてです。

 

スポンサーリンク

風邪で鼻の奥が痛い場合はのどまで痛みが広がるのでそこで薬を飲む

 

鼻の奥がなんだか痛いな。

ちょっとツーンとするか、乾いたひきつったような感じがするかも。

そういう場合には、鼻腔という鼻の穴の奥の空間の粘膜がやられています。

 

a0002_007572

これが風邪の場合、痛みは次第に奥の方へと進んでいきます。

これは風邪ウイルスであるアデノウイルスやライノウイルスが徐々に徐々に隣の気道粘膜へと進んでいくためです。

何度か風邪をひくとだんだんわかってきますけど、

鼻の奥の方へと痛みが移動し始めたら、風邪薬の飲み時です。

 

風邪のウイルスの増殖を防ぐ薬はまだ開発されていません。

でも、早めに飲むことを推奨している風邪薬には炎症反応や、それに伴う発熱や痛みを抑える薬が配合されています。

これらを飲むことで、ウイルスが広がっていくときの痛みが軽くなりますし、呼吸も楽になります。

そのおかげでぐっすり眠れるので早く風邪が治せるというわけです。

 

つまり、風を早く治すために大事なのは睡眠と栄養をきちんと摂ること。

それをサポートしてくれる薬として早めのパブロン、とかいう宣伝が作られているわけです。。

 

 

鼻の奥の痛みが移動せず鼻水が出ない場合は鼻水の性状で判定する

 

風邪の場合であればウイルスの感染拡大に伴って、鼻のもっと奥の方や、のどの方へと痛い場所が移ることを前の章で書きました。

でも、痛みが移動しないでずっと痛いことがあります。

そういうときは、鼻水の性状で判定してみてください、大まかには次のように分けて考えます。

 

1.鼻水が出る場合は、アレルギーが考えられます。

2.鼻水が全然増えなくて、むしろ乾燥している場合、慢性アレルギーや自己免疫疾患を考えます。

3.鼻水が増えも減りもしないけど、一生懸命鼻をかんだらなんだか出血しているっぽい場合、鼻腔や副鼻腔の腫瘍を考えます。

 

それぞれ、注目すべきポイントが異なりますので、それぞれ説明しますね。

 

 

鼻の奥が痛くて鼻水が出てツーンとした痛みが続く場合は花粉症かも

 

アレルギーで有名なのは花粉症ですが、これ、スギ花粉やヒノキ花粉だけでなく、様々な花粉が原因で起こります。

たとえば5月から6月にかけてはイネ科の草の花粉で起こりますし、夏から秋にかけてはブタクサなどの雑草的扱いの花粉にやられます。

秋に花開く草や木も少なくないので、秋にもやられます。

 

a0960_005505

真冬の寒い時以外に、鼻の奥が痛くてそれが移動しないで鼻水がよく出るときは、花粉症の一つの症状であることが多いのです。

スポンサーリンク

 

これはさらに、痛みがなくて鼻水ばかり出る人と、痛みが伴う人とに分かれます。

アレルギー反応の強さには個人の持つ免疫能力が関わってくるためにそういう差が出てきます。

 

どちらも、

気密性の高い部屋に引きこもる、マスクをしてみる、鼻腔を洗う、花粉対策メガネをしてみるなどにより症状が軽くなる可能性があります。

それらをやってみて、明らかに症状が軽快したら、抗アレルギー剤(抗ヒスタミン剤)を試してみてください、さらに症状が消えればそういうことです。

 

逆に、総合感冒薬の中には、抗ヒスタミン剤が入れてある場合があります。

ですから、それを飲んでよくなったから風邪だと思い込んでいて、

飲むのをやめたらまた鼻水が出て、また感冒薬を飲んでよくなって、ということを繰り返す人もいます、実は花粉症なのに。

 

風邪がなかなかよくならないよ、薬を飲んだら症状は軽くなるんだけど。

そういう人はアレルギーも疑ってくださいね。

 

 

鼻の奥が痛いけど鼻水は出ないというかむしろいつも乾燥している

 

しばらく前から鼻の奥が痛い。

鼻水も一向に増えない、なんだか渇いた感じがする。

風邪は数週間前に引いたけど、今回は熱や咳もないけどなあ。

 

そういう方の場合にはしばしば口の中も乾燥している場合があります。

これはひょっとしたら、風邪でもアレルギーでもなくて少々厄介な病気であることがあります。

ドライノーズという病気ですね。

 

ドライマウス、ドライアイという言葉はもうよく知られています。

唾液の分泌量が減る(ドライマウス)、涙や瞼の皮脂の分泌量が減る(ドライアイ)ことにより、いろんな不快な症状が出るものです。

 

これらの一部は加齢に伴うものとも取れますが、しばしば、自己免疫疾患であることがあります。

体の免疫系が勘違いして、唾液腺や皮脂腺、涙腺を攻撃するというものです。

 

ドライノーズという状態は、鼻腔の粘膜上皮の分泌腺からの粘液が減っている状態です。

これになると、鼻腔の粘液不足がいつも起こっていて、特に空気の流れが早くて渇きやすい場所がいつも痛くなるというわけです。

 

これ、原因不明の場合と、花粉症などのアレルギーが長期化して慢性アレルギーによる炎症で鼻腔粘膜組織が回復不能になって生じる場合とがあります。

こちらは市販の飲み薬では治せないので、耳鼻咽喉科に相談することをお勧めします。

 

 

鼻の奥が痛い、鼻を噛んだら血が混じったような鼻水が出る、生臭い

 

最も注意してほしいのは悪性新生物(がん)による鼻の奥の痛みです。

痛みが移動しない、アレルギーっぽくない、鼻水が増えても減ってもいないという場合。

 

鼻水が茶色っぽい

鼻をかんだらたまに血が混ざることがある

なんだか生臭い、肉の腐ったようなにおいがかすかにする

 

こういう場合には、鼻腔、あるいは副鼻腔で腫瘍が発生している場合があります。

悪性腫瘍とは限らず、大きな鼻茸(ポリープ)の場合もありますからすぐに悲観的になる必要はありません。

でも、それが悪性か良性かは医療機関で調べてみないとわかりません。

上に書いたような症状がある場合は、早めに受診してください。

 

 

鼻の奥が痛い場合にどうすればいいかのまとめ

 

1.痛みが移動するならおそらく風邪の引き始め → 休養と風邪薬

2.痛みが移動せずに鼻水が多いならアレルギー反応 → 抗ヒスタミン剤

3.痛みが移動せずに鼻水が少ないなら炎症性疾患 → 耳鼻科を受診

4.痛みが移動せずに血が出る、生臭いなら腫瘍を疑う → 耳鼻科を受診

 

以上です。

もちろん、ケースバイケースなので、ここに書いたことは一つの判断の目安にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 - 呼吸器の症状

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

a0002_007509
エアコンを稼働させてから咳が止まらない原因はカビかもしれない

夏になると止まらない咳で悩む人が意外に出てきます。 暖かいのに、それに高い熱が出 …

450px-Cranial_nerve_VII.svg
鼻づまりをツボ押しで解消するのは風邪に悪い?花粉症なら?

  鼻づまりは、瞬間的にというか短時間であれば解消できるツボがあります …

a0002_007517
飲み込むと痛い、つばでも食べ物でも耳の方までひきつる痛み

  つばを飲み込むのさえ痛いほど、のどがやられることがあります。 ちょ …

metabolic_man
咳が止まらない 口臭がひどいと家族に言われる

最近、なんだか空ぜきが出ます。 風邪をひいているわけではないけど、やたらとのどに …