この症状は何の始まり?中年医師のウェブ手帳

気になるその症状で何が考えられ、どうしたらいいかの覚え書き。専門は産婦人科・内科・アレルギー科です。

日焼け後の白斑と違う場所の白斑では悪性腫瘍の危険度が違う

   

日焼けの後、特に皮がむけるような日焼けの後に、白斑ができることがあります。

赤くなるだけじゃなくて、赤みが引いた後にそこだけ妙に白い

これは日焼けで皮が入れ変わったんだろうと考えていていいのですが

 

もしも日焼けした覚えのない場所に白斑ができたとしたら

それは危険信号です。

皮膚のとある悪性腫瘍の可能性がないかどうか注意してください。

 

スポンサーリンク

 

日焼け後の白いぶちは深い火傷の後と同じ反応で悪性ではない

 

激しい日焼けで皮がむけた、それだけじゃなくて水ぶくれまでできた場合。

ワセリンとラップでで速やかに湿潤療法の処置をすれば重症化しないで済みますが、

放置して我慢していると、表皮とその下の真皮に激しいダメージが及びます。

 

皮膚の表面を覆っている表皮は、基底層と呼ばれる一番深いところで、色素細胞と並んでいます。

表皮基底層の細胞の隙間に等間隔で色素細胞(メラノサイト)がいる感じですね。

紫外線が深いところまで届くと、この色素細胞はメラニン色素を作ってせっせと表皮基底細胞に渡します。

 

メラニン色素をもらった表皮細胞はどんどん分裂して分化して表皮層を何重にも覆うので、真っ黒い皮膚ができます。

この黒くなった皮膚が日焼けなのですが、この皮膚はメラニンのおかげで紫外線を通しません。

だから紫外線による皮膚のダメージがすごく少なくて済むのです。

 

ところがこれが、黒くなる前にたくさんの紫外線を浴びちゃうと、表皮基底層も色素細胞も死んでしまいます。

そのまま紫外線を浴び続けると、表皮の下の真皮細胞までダメージを受けます。

すると、そこに保存されていた表皮幹細胞や色素細胞の幹細胞も死んでしまうのですね。

 

a0027_001448

だからあまりにも激しい日焼けをすると、場所によっては白いまだらになるのです。

ワセリンを塗ってサランラップで覆ってやることで、死にかけの表皮細胞や真皮細胞をすくうことができるので、白い斑点ができるのは防げますが、放置するとぶちになるわけです。

 

しかし、これは放置していても、次第に周りから色素細胞が移動してきて、1年ぐらいするとほぼ埋まります。

だから、見た目は悪いけどそれほど心配いりません。

 

 

日焼けしてない皮膚に白斑を見つけたら、原因の一つにメラノーマがあることを

 

日焼けしていない場所にも白斑ができることがあります。

こちらにはいくつか原因があるのですが、なぜできるかというメカニズムだけで言えば比較的単純です。

メラノサイト(色素細胞)の成分に対する自己抗体ができて、メラノサイトを攻撃するので白い斑点ができるのです。

 

どうしてメラノサイトを攻撃するような自己抗体ができてしまうのでしょうか?

一つ、非常に大事な、注意すべきポイントがあります。

メラノーマ(悪性黒色腫)ができたから、このような自己抗体ができることがあるのです。

スポンサーリンク

 

20070206175921!Melanoma

悪性腫瘍は自分の体の中の細胞が突然変異を積み重ねて発症するもので、自分自身細胞の反乱です。

メラノーマの場合は、色素細胞の悪性腫瘍ですが、これができるときに免疫系はそれをみすみすほっとくわけではありません。

癌になった、変異した細胞の多くを我々の免疫系は発見し、増える前に殺してしまいます。

 

でも、がん細胞だと分かっていても殺しきれなかった場合に、免疫系はさらに頑張ってあの手この手でそのがん細胞を殺そうとします。

癌細胞が発現している様々な分子を認識する抗体を作って。

つまり、メラノーマがある場合、我々の免疫系は色素さイボに発言している分子を攻撃する自己抗体を作ることが多いのです。

 

メラノーマをやっつけるために作られた自己抗体。

これが全身の皮膚に分布する正常なメラノサイトまで認識すると、正常なメラノサイトがとばっちりで殺されます。

このために日焼けもしていないのに、全身性に白斑ができたりするのです。

 

ですから、もしも、日焼けしていないような場所に白斑ができ始めたら

メラノーマのことも考えてくださいね。

 

 

加齢により、全身が白くなる尋常性白斑であれば命には心配ない

 

さて、メラノーマの時にできる自己抗体が色素細胞を攻撃すると書きました。

でも、メラノーマができなくても、色素細胞を攻撃する抗体ができてしまったり、色素細胞の寿命がほかの人より短い場合、

がんもないのに白斑が全身にできることがあります。

これを尋常性白斑といいますが、60代70代になると比較的よく見られる病態です。

 

こちらは命にかかわることはありませんが、

けっこう激しいまだらになるので、病気の進行中は見た目がしんどいですよね。

女優さんでとても有名な方もこの病気でしばらく苦しまれていましたね。

進行しつくした後は、色白になれてよかったわと笑っていましたが。

 

全身に白い斑点ができ始めたとしても、こちらと診断できれば大丈夫です。

そしてこちらの方が多い。

そう考えれば、白斑ができたからといって悪性黒色腫かもしれないと決めつけて落ち込むのはばかげています。

 

だから、日焼けしてもいないところに白い斑点ができたら、

急いで皮膚科に行って相談してくださいね。

メラノーマがあるのかないのか、そのポイントだけは探してもらう方がいいと思います。

 

 

日焼け後、または日焼けしてないところに白斑ができた時の対処方法まとめ

 

a0027_001445

日焼け後の白斑は、

水疱ができて皮がずるりと向けるような日明けの後には仕方ありません。

一年後ぐらいに自然に色が付くのを待ちましょう

 

日焼けしてないのに全身に白斑が出たら

メラノーマがないかどうか、皮膚科に相談しましょう。

なければ、特にできることはありません、命には心配ないけど、徐々に白い面積は増えていくものと思ってください。

 

スポンサーリンク

 - 皮膚の症状 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

a0001_017411
蚊に刺されたような痒いふくらみが同じ場所に、でも原因不明、じんましん?

じんましんは何かに対するアレルギー反応でできる痒いふくらみです。 蚊に刺されたよ …

a0070_000266
日焼けの痛み対処法 ワセリンとサランラップ処置

日焼けの痛みって時間がたってから気づいたりするもので。 海で遊んで、乗り物に乗っ …

爪の黒い筋
爪に黒い縦筋ができて消えない メラノーマなのかほくろなのか

  たまにですが、爪に黒い縦線ができることがあります。 一度できると簡 …

a0001_014351
お尻ニキビの赤くて痛い毛嚢炎は悪化すると手術が必要になる

  お尻ニキビがニキビではなくて毛嚢炎と呼ぶべきであること 市販薬での …

a1400_000445
日焼けのシミが目の下や肩で大きくなったのを消す薬や方法は?

  日焼けって日焼けした直後は真っ赤になって痛いけど、我慢しているうち …

a0002_009258
お尻ニキビが痛くて腫れてるのを治す市販の薬と治療方法

  お尻ニキビという言葉をしばしば耳にします。 でもね、お尻には、特に …