この症状は何の始まり?中年医師のウェブ手帳

気になるその症状で何が考えられ、どうしたらいいかの覚え書き。専門は産婦人科・内科・アレルギー科です。

虫刺されで水ぶくれの原因と対処法 子供と大人で異なる

   

 

虫刺されは、ふつうは

ぷっくり腫れて痒くなるもの(蚊、ブヨ、ノミやダニ)

あるいは赤くなって痛みを伴うもの(ハチ、クモやムカデ)

というイメージですよね。

 

でも、中には虫に刺されるとほぼ必ず水ぶくれになってしまう人がいます。

破れて細菌に感染して困った事態になることもあります。

こういう人の虫刺されは、どうケアしたらいいのかについて考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

虫刺されが水ぶくれになって大きくなる3つの原因と対処方法

 

虫刺されが水ぶくれになる可能性は子供の場合の方が高いです。

しかも、かなりたくさんの液体を伴った大きな水ぶくれができやすい。

プチトマトや巨峰を半分に切ったぐらいにまでなることもあります。

 

どうしたらいいんでしょうか?

対処方法は複数あり、それぞれよく見極めて対処する必要があります。

 

1.刺された直後から強い痛みを伴っていて、刺されて2~3時間以内に水ぶくれができ始めてくる場合

 

これはハチやムカデなどの毒の強い虫に刺されたり噛まれたりしていることが多いです。

刺し口と水疱を破らないようにワセリン+ラップで覆ってから、氷のうで冷やし、皮膚科を受診してください。

冷やすことが何より重要です。できるだけ氷がいいです、アイスノンだと冷えすぎて、子供の場合には凍傷を起こすことがあります。

 

2.刺されて12時間から24時間ほどして(おおむね、刺されて6時間以上たってから)水ぶくれができてくる場合

 

水疱は透明で大きくて、痛みはあまり強くありませんが、痒みがあります。

これは、蚊やブヨの唾液に対するアレルギー反応が強い人で起こる反応で、刺された場所の周囲にいる肥満細胞や好塩基球という白血球がヒスタミンなどを放出することが原因です。

a0001_016988

この場合には皮膚科に駆け込む必要はありません。

虫刺されの薬またはワセリン+ラップでカバーして、痒みが治まるまで冷やしてください。できればつぶさない方がよいです。

つぶしてしまったら、12~24時間に1回はラップを外して洗って、傷が化膿していないか判断して、(次の章を参照)大丈夫そうならまたワセリン+ラップで覆ってください。

 

 

3.虫刺されの翌日に水ぶくれ、濁って痛みを伴っていたり、刺し口の周りに複数できた場合

 

これは、刺し口から細菌が入って感染症になっていることがあります。

伝染性膿痂疹、いわゆる「とびひ」ですね。

スポンサーリンク

この場合、どんどん水疱が増えていったり、水疱に一致して熱を持ったり、痛みを感じたりします。

この水疱は、皮膚科を受診するのがベストですが、休日の夜でしばらく皮膚科を受診できないなど、自分で処置する場合には、以下の順番で。

 

水道の流水で水洗いして、できれば水疱は破いて中身を洗い流します。

市販の抗生剤入りの軟膏(クロマイなど)があれば、それを塗ってからラップ、

あるいは傷パワーパッドやプラスモイストなどの湿潤治療用の絆創膏で覆ってください。

 

12~16時間に1回はカバーをとって、流水で洗って傷口の状態を見てください。

赤い部分が変わらないか小さくなっているようであれば、また同じ処置をします。

拡大している、あるいは熱感を感じるようであれば、

早目に医療機関を受診して、抗生物質の飲み薬を処方してもらってください。

 

 

虫刺されの水ぶくれは大人と子供で対処が違うのか?

 

虫刺されが水ぶくれになりやすいのは子供です。

幼い子供ほど、自然免疫反応が未熟で、リンパ球による免疫反応は強いために、アレルギー反応のような水ぶくれはできやすいのです。

また、自然免疫が弱いので細菌感染にもあまり強くなく、トビヒもできやすいです。

 

a0001_014968

ということで、子供の虫刺されの方が高い確率で水ぶくれになりやすいのですが、激しい痛みを伴わなければたいして心配する必要はないことが多いです。

(絶対ないとは言い切れないです、すみません。)

成長とともに、10歳過ぎたあたりで水ぶくれができにくくなるケースが多いようです。

 

これに対して、おとなで、最近になって虫刺され跡が水ぶくれになることが多い、という場合、ちょっと注意が必要です。

その虫に対するアレルギー反応が強く出るように最近になって体質が変わってきた可能性があり、何度か刺されるうちに

アナフィラキシーショックという命にかかわるアレルギー反応を起こす可能性があるからです。

 

大人の方で、最近、蚊に刺された時にやたらと腫れて水ぶくれができるという方。

できれば、皮膚科に相談しておいてください。

複数の虫の抗原に対して過剰なアレルギー反応が出ないかどうか確認してもらえます。

 

危険なレベルで抗体価が高そうだとなったら、

エピペンなどのアナフィラキシーショック対策を処方してもらい、

常時携帯しておくことが望ましいです。

 

今すぐに、ではなくてよいので、ちょっと考えておいてくださいね。

 

スポンサーリンク

 - 虫に刺された?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

a0003_000751
山あいの自然公園に行って帰ってきたら腕に痒いかぶれが

季節がよくなって、野山を歩くことが増えてきます。 野山でなくても、歩道が整備され …

a0002_011967
蚊に刺されて熱が出た デング熱の初期症状と夏風邪の見分け方

  デング熱の感染者が出たのは2014年の8月末、日本国内では数十年ぶ …

Leptoconops_spp._from_CSIRO
海辺で小さなハエに刺されて痒くてどうしようもない場合

海辺や防波堤での虫刺され。 町の中で経験するそれに比べると、人によってはものすご …